大手メーカーを批判するということは | YGGペット

2022/06/27 11:35

プレミアムフードを使う方の中には
マース、ネスレ、ヒルズといった大手メーカーを批判する方や
プレミアムフードメーカーにも批判する会社がいたりします。

でもよーく考えたら感謝はできても批判なんてとてもじゃないけどできません。

なぜなのか。

ドッグフードの製造開発の裏でマースやネスレ、ヒルズといった研究所をかまえている会社はとてつもない規模の投資をしています。
犬や猫は家畜ではないので、基本的にペットフードメーカーの研究開発によって新たな発見や知見が蓄えられています。

例えばAAFCOの基準にはマースグループのウォルサム研究所の知見が生かされています。
ウォルサムは成犬時のアミノ酸の要求量を決定し、それが今のAAFCO基準として生かされています。

私たち小さなメーカーはそういった大手が発見した知見や工場が貯めた知見によってフードの製造を行うことができています。
私個人的にはマースやネスレ、ヒルズなどのメーカーを批判する皆さんは
これらの会社の研究開発による恩恵を自分たちが使っているフードメーカーも受けていることを理解しているのかな?と思ったりします。

ちなみに手作り食の方もAAFCOの基準はある程度は参照にしていると思います。
これも大手ペットフードメーカーの知見によるものも大きいのです。

また犬や猫の疾患の研究なども同じです。
ロイヤルカナンの療法食はウォルサムの栄養学的知見に基づいて開発されています。


全ての犬や猫がそういった大手の研究の恩恵を受けているのです。