とても曖昧な「ヒューマングレード」という言葉。 | YGGペット

2022/02/24 18:35

世界的に「ヒューマングレード」というワードはある種のバズワードです。


アメリカでもこのキーワードの曖昧さは問題になっており
これをコミュニケーションで使うためのルールを決めようという流れになっていると記憶しています。

ヨーロッパでもペットフードに「ヒューマングレード」というキーワードは推奨されておらず
ペットフードはあくまで「ペット用」であって「人用」ではないという考え方です。
ペットフード工場に原材料が納品された段階で、人用として販売されることはなくなります。
ですのであくまで「ペット用」というくくりになります。

原材料に関しても考えていきましょう。
そもそも「ペット用」に育てられる「畜産」や「野菜」や「果実」はまずないですね。
全て大前提は人向けです。私たち人間のために育てられています。
そこから食肉加工施設などを通じて仕分けされていきます。

弊社のウルフインサイトの主原料である「肉」も食肉加工施設から「製造工場」に向かって低温で輸送されていきます。
そういう意味では食肉レベルの原材料ですが、「ペットフード工場」に行く段階で「ヒューマングレード」とは言えなくなります。

また、「規格外で人向けに売れない野菜」はヒューマングレードではないとも言えます。
「人は食さないレベルの野菜」ですから「ヒューマングレード」ではないはずです。
でも品質は普通のお野菜と同じ「ヒューマングレード」とも言えます。

ビタミン、ミネラルなどのプレミックスはペットフード用に調合されていますので
ヒューマングレードという概念自体がないですけれど
人が育てた「肉や野菜、果実など」はそもそもが人間基準です。

私たち人間は「ヒューマングレード」という言葉に惑わされがちですが
プレミックスやジビエなどを除く素材自体は「人向け」に育てられた原材料であって、
そのおすそ分けをペットフードも利用しているという形です。


さらにそういう観点から掘り下げますとペットフード自体がSDGsなのです。
最近はSDGsを全面に出すメーカーさんも多いのですけれど、
食材ロスを減らすという観点で見ると「ペットフード」自体がSDGsでもあるのです。


「ヒューマングレード」という言葉が独り歩きしすぎている昨今ですが
そんなバズワードに惑わされずに愛犬にあった食事を選んであげましょう。