プロバイオティクスとプレバイオティクス、バイオジェニックス | YGGペット

2022/02/18 18:26

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」

どれも身体にとっては良いものです。
名前をみると「おそらく似たものだろう」と思うわけですが、

「プロバイオティクス」は菌そのもの。有名なのは乳酸菌です。乳酸菌のほかには納豆菌、酪酸菌などあります。
「プレバイオティクス」は腸内細菌のエサになるもの(主に善玉菌のエサ)です。
「バイオジェニックス」は腸内細菌が生産する物質そのものです。

「プロバイオティクス」は人では様々な種類の菌があります。
ヨーグルトコーナーにいきますとよくわかります。パッケージには「○○菌配合」と書いてありますね。
カルピスさんが保有する「L-92」は花粉症の症状の緩和などアレルギー症状の緩和では有名かと思います。
個人的にはビフィズス菌は日本で一番有名な気がします。

「プレバイオティクス」はフラクトオリゴ糖やマンナンオリゴ糖が有名ですね。
その他、レジストンスターチやイヌリン、アカシアファイバーがあります。
菌のエサになることで善玉菌を増やし、腸内の健康維持をサポートします。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせることを「シンバイオティクス」と言ったりします。

「バイオジェニックス」商品は犬猫用品でもブームですね。
「コスモスラクト」さんが有名で、腸内フローラを介することがありませんので、直接働きかけます。
また、乳酸菌などの「死菌」もバイオジェニックスになります。


さてそんな色々とある「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」ですが
最後に個人的に好きな商品をご紹介させていただきます。

突発性の下痢で悩んでいた先代のシェパードに食べさせてよさを実感した
「SU-6すし乳酸菌」「強ミヤリサン」

今の愛犬に与えてよさを実感した
「アカシアファイバー」

アカシアファイバーは先代のシェパードが存命中に出会いたかったなと思います。

お悩みの方にはぜひ試していただきたい商品です。