狼が真っ先に食べる部位 | YGGペット

2022/02/03 16:31

本日の内容は「狼が真っ先に食べる部位」

皆さんどこだと思いますか?
心臓、肺、胃、肝臓、腎臓といった臓器か、はたまたいわゆる肉に食らいつくのか。

巷では「トライプ」から真っ先に食べるという話も広まっていますが
実は正解は「肝臓、心臓、肺」などです。
これはウォルサム国際栄養学シンポジウム2013でDr. Wouter Hendriksという方が発表されています。
さらに興味深いのは「Rumen」の中身は食べないことが多いということです。「第一胃」の中身でしょうか。
狼が胃やその内容物を真っ先に食べるのは「都市伝説」的な話であるということです。

日本ではこういった内容が日本語に訳されて発表されることは基本的にないので
いまだに根強く「胃や胃の内容物を真っ先に食べる」という話がされていますが
できれば大手ペットフードメーカーさんにリリースしていってほしいところです。

ちなみに犬と狼がどういった栄養素から選択的にエネルギーを摂取するのかという研究もあるのですが
飼育管理下の犬の場合はME(代謝エネルギー)の内 30%がタンパク質、63%が脂質、7%が炭水化物に由来する食事を選択。
自然下の狼の場合はME(代謝エネルギー)の内 52%がタンパク質、47%が脂質、1%が炭水化物に由来する食事を平均的に摂取しているそうです。

なお、この数値はパッケージに記載されている保証分析値ではなく、
MEをどの栄養素からどれくらいの割合摂取しているかという数値です。

こういう研究を読んで紐解いていくのは非常に面白く、やはり奥が深いですね。