狼は獲物のどこから食べる? | ペットショップREBORN

2021/01/29 14:49

トライプ!と答えた方実はそれ誤りです。

狼は獲物を倒した後に、肝臓、心臓、肺といった内臓を真っ先に食べたということが、ウォルサム国際栄養学シンポジウムで発表されています。
いろんなフードメーカーさんが「狼が真っ先に食べるのはトライプです」とうたっていますが誤りです。
また、非常に興味深いことに、「内容物」これもできる限り避ける傾向にあるそうです。
胃や腸の内壁は食べるようなのですが、内容物に関しては別であえて食べるようなことはしないとのこと。


また、近年色々なメーカーさんが「元々肉食の犬のために自然下で食べていた食事」というコンセプトでグレインフリーを謳う一方で、副産物(内臓や血)、被毛がフードに入っていることは否定しています。
これが実は大いなる矛盾ということに気付いている方ってどれくらいいらっしゃいますか?

自然下では獲物の内臓はもちろん血、被毛も肉と一緒に食べています。これが自然な姿です。
副産物はもともといわゆる「肉」以外の箇所です。内臓や血も含まれます。
内臓は非常に栄養価が高いですし血にはミネラルが豊富に含まれています。
また実は被毛は腸内で不溶性の繊維源として作用し、骨などを包み込みながら腸の動きを助け、健康な便の排出を促します。

生きた獲物まるまる1匹が彼らが本来食べていた食事なのですから、それを否定するということは、「元々肉食の犬のために自然下で食べていた食事」というコンセプトが成り立たなくなります。

大いなる矛盾です。